トニトニ 『smile』の歌割りは誰が決めた?タッキー?おかしい・ひどいの声も!

スポンサーリンク

ジャニーズタレントが参加する期間限定ユニットTwenty★Twenty(通称:トニトニ)が歌うチャリティーソング「smile」が2020年8月12日に発売されることが決まりました。

それに伴い、どのパートを誰が担当するかという”歌割”も発表。

その歌割について、ファンの間では、「誰が決めたのか?」ということで話題になっています。

今回は、その歌割についてと、ネットの反応をお伝えします。

スポンサーリンク

トニトニ 『smile』の歌割は誰が決めた?タッキー?おかしい・ひどいの声も!

トニトニとは、ジャニーズの期間限定ユニット「Twenty★Twenty」の略で、今回リリースが決まったチャリティーソング「smile」は、作詞・作曲はMr.Childrenの桜井和寿が担当していることでも話題になっています。

また、収益金はコロナ対策の支援活動に充てられるとのことです。

全15組75人のジャニーズタレントがが参加するユニットとなっており、かなり注目を集めています。

『smile』の歌割発表!

 

Kinki Kidsの堂本剛さんと堂本光一さんはそれぞれソロパートがあり、V6は坂本昌行さん、長野博さん、井ノ原快彦さんの3人と、森田剛さん、三宅健さん、岡田准一さんの3人に分かれてそれぞれ担当パートがあります。

さらに、堂本剛さん、坂本昌行さん、King&Princeの平野紫耀さんの3人、堂本光一さん、KAT-TUNの亀梨和也さん、Hey!Say!JUMPの山田涼介さんの3人で歌うパートも用意されています。

一方、嵐や関ジャニ∞はグループで2フレーズ、SexyZone、A.B.CーZ、King&Prince、NEWS、ジャニーズWESTはグループで1フレーズという割り当てとなっており、SixTONESとSnowManに至っては2グループ合同で1フレーズという歌割になっていることがわかります。

 

スポンサーリンク

歌割発表にSNSの反応は?

発表された歌割に、それぞれのグループのそれぞれファンが、SNSにて反応しています。

 

 

年公序列の中に、圧倒的人気の山田涼介さんと平野紫耀さんが入るのはなんとなくわかりますが、Kinki Kidsの堂本剛さんと堂本光一さんはそれぞれソロパートがあるにも関わらず、SixTONESとSnowManが一緒でセットという扱いは、ファンからしたら、やはり悲しいですね。

 

『smile』の歌割りは誰が決めた?タッキー?!

注目されている歌割に対して、誰が決めたのか?ということも、話題となっています。

 

 

こういった反応を見ると、歌割を決めた方が、年功序列を重んじていたジャニーズさんの意思をしっかり受け継いでいるというのがわかりますね。

「smile」の音源

 

櫻井さんのメロディー・歌詞と共に、とても明るく元気になる曲なので、発売が今から楽しみです!

スポンサーリンク
関連記事

ジャニーズタレントが参加する期間限定ユニットTwenty★Twenty(通称:トニトニ)が歌うチャリティーソング「smile(スマイル)」が2020年8月12日に発売されることが決まりました。 歌詞、歌割りと共に、「smile(スマイ[…]