【渡部建】「安全な遊び方」の意味は何?多目的トイレ不倫が安全?おかしい、意味がわからないの声も!

スポンサーリンク

2020年6月上旬に多数の女性との不倫報道された渡部建さんが、週刊文春の取材に対して、「安全な遊び方」と話したことに注目が集まっています。

不倫を安全な遊びと言っているのでしょうか?

今回は、この言葉の意味と、世間の反応を、伝えていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

渡部建が言った「安全な遊び方」の意味は何?(文春内容あり)

多数の女性との多目的トイレ不倫を報道されてる渡部建さんですが、6月16日週刊文春の取材に応じて、その内容が明らかになりました。

渡部建さんは、複数女性との関係について次のように話されました。

「思い起こせば、独身時代はとにかく独身をとことん謳歌しなくてはと思い、好き勝手に過ごしていました。妻と知り合ってから安全な遊び方を知り、そこから抜け出せなかった。彼女たちに対しては気持ちのないまま接していたし、気持ちの上で浮ついたことはありませんでした。僕は今でも妻を愛しています」

引用:週刊文春

この文章の中で使われた、「安全な遊び方」

こちらは、つまりは、一連の報道の中で明らかになっている、六本木ヒルズにある多目的トイレでの不倫のことを指していると言えます。

不倫を「安全な遊び方」ということ自体もおかしいですし、多目的トイレで密会することを「安全な遊び方」と捉えているのは、もはや意味がわかりません。

奥さんである佐々木希さんにバレないよう考えた「安全な遊び方」が、この不倫の仕方となると、残念でありません。

結婚後は、不倫自体をしないという「安全な遊び方」は、なかったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

世間の声は?

 

スポンサーリンク

 

関連記事

昨日6月9日、アンジャッシュの渡部建さんが出演しているテレビ・ラジオなど全番組の出演自粛を発表されました。 その理由に関して、 一夜開けスポーツ紙などは、コロナ自粛期間中に複数人と不倫と報道しています。 複数人って。。。。 […]

関連記事

お笑い芸人、アンジャッシュ・渡部建さんが、スキャンダルを起こし、出演しているテレビ・ラジオなど全番組の活動自粛をしようとしていることがわかりました。 突如発表された、渡部建さんの活動自粛報道ですが、Twitterでは、その理由が何か話[…]