【比較画像】山口恵梨子の二重は埋没法で整形?目が不自然・気になるの声も!

スポンサーリンク

藤井聡太棋士の戦いをお昼のテレビ番組バイキングで解説している女流棋士の山口恵梨子さん。

将棋をわかりやすく解説していることで定評があります。

そんな山口恵梨子さんですが、番組を見た視聴者の中では、「二重が気になる!」「目に違和感が」「目が不自然」と、山口恵梨子さんの目に関して話題になっています。

今回は、その山口恵梨子さんの目に関して、埋没法で整形なのか、アイプチ、アイテープなのか、画像を比較しながら検証していこうと思います。

スポンサーリンク

山口恵梨子の二重の目が気になると話題!

ネット上では、山口恵梨子の二重の目が気になると、話題になっています。

 

スポンサーリンク

山口恵梨子は埋没法で整形?それともアイプチ?(比較画像)

バイキング出演時の山口恵梨子さんの画像

 

 

 

山口恵梨子さんは、解説がわかりやすく、かわいいのですが、視聴者が気になっているのは、この二重の目の幅ですね。この幅が、やけに大きいのです。

目が非対称なところからすると、整形ではなく、もしかしたら、アイプチ(一重から人工的に二重にするための化粧品)や、アイテープ(一重からテープによって手軽に二重にできるテープ)を使っているのかもしれません。

 

 

 

スポンサーリンク

山口恵梨子さんの昔の画像

山口恵梨子さんの、昔の画像と比較していきましょう。

 

 

少しわかりづらいですが、確かに、目が違いますね!

お顔つきも今とは異なりますし、目は一重に見えます。

 

 

若さ故に、少しぽっちゃりしているので、同時に目の周りのまぶたにもお肉が付いたりと、そのせいもあるのかもしれません。

山口恵梨子さんの目がはっきりしている画像

山口恵梨子さんの二重瞼がはっきりしている画像です。

 

 

こちらは、、、、二重の線がはっきりしすぎていて、何だか、少し画像加工された写真のようです。

もし加工なしだとしたら、アイプチやアイテープで、一重(奥二重まぶた)を二重まぶたにしているのかもしれません。

 

山口恵梨子さんの下を向いた時の画像

山口恵梨子さんの下を向いた時の画像です。

 

 

下を向いた時の二重の線が、歪んでいたり、何だか目が引っ張られている感じがしますね。

こういったところから、整形ではなく、山口恵梨子さん目の不自然さは、恐らく、アイプチやアイテープによる二重瞼なのかなと推測します。

山口恵梨子さんは、美人でかわいいことはもちろん、饒舌で、難しい将棋を女性ならではの柔らかい話し方で、わかりやすく解説してくださっています。

また番組には男性メンバーばかりなので、「華」を添えてくださっているので、視聴者の中にはファンも多いのではないでしょうか。

今後も、番組内の解説が楽しみです!

スポンサーリンク

山口恵梨子のプロフィール

 

名前:山口恵梨子(やまぐちえりこ)

生年月日:1991年10月12日

年齢:28歳(2020年7月現在)

出身地:鳥取

棋士番号:39

段位:女流二段

山口恵梨子の経歴・昇段履歴

2002年:女流アマ名人戦A級優勝
2003年:女流育成会入会
2008年:女流2級(女流育成会で2度目の昇級点) プロ入り、女流棋士となる
2009年:女流1級(女流名人位戦B級リーグ入り)
2010年:女流初段(2009年度指し分け以上・7勝以上)…10勝10敗
2016年:女流二段(勝数規定)
スポンサーリンク