三浦春馬のデリケートな問題とは?クローゼット(in the closet)を選んだ意味は?

スポンサーリンク

三浦春馬さんの死の動機に、「あまりにデリケートすぎるテーマ」があると、報道されました。

自らの死を選んだ理由に関しては、これまで多数の報道や噂がありましたが、メディアが、“絶対に書けない話”として記事を差し替えしたとされる「デリケートな問題」とは何なのでしょうか?

また、三浦春馬さんが、最期の場所として自宅のクローゼットを選んだ意味は何だったのでしょうか?

今回は、この2点について、考察していこうと思います。

三浦春馬さんが、同性愛者であるという明確な証拠はありません。 本記事の内容は、SNSなどで囁かれている噂ベースの情報をまとめたものであり、一部真偽不明な情報が含まれます。

スポンサーリンク

「あまりにデリケートすぎるテーマ」とは?

亡くなった時から、これまで、三浦春馬さんが「なぜ自ら自死を選ばなければならなかったのか?」という疑問は、未だ解明されていません。

そんな中、三浦春馬さんの死亡動機には、メディアが記事を書き換えるほど、“絶対に書けない話”として、「デリケートな問題」が見え隠れしていることがわかりました。

 

exciteニュースには、三浦春馬さんについて、以下のことが書かれていました。

・母親から、生き方に対して否定的な見方があった。

・「事務所の信頼している人が僕自身を理解していない」との愚痴を言っていた。

 

何だか、金銭的な悩みというよりかは、周りの方と、とても深いところでの、葛藤があった気がします。

 

こちらに対し、さらに、

仕事や人間関係も順調だったように見える三浦さんだが、何か自分を貫きたい「生き方」を持っていた中で、母親や事務所に理解されなかったかもしれないことを示す断片のようなものが気になる。

事情をつかんだメディアが本当に「あまりにテーマが大きすぎる」と記事化を断念したのが事実で、その理由とそれが一致するのであれば、社会的にも議論されるデリケートなものが隠されているとしか思えない。

引用:exciteニュース

 

以前、週刊文春では、以下のような内容がありましたが、

僕の人間性を全否定するような出来事があり、たちまち鬱状態に陥り、自暴自棄になった

引用:週刊文春

 

こちらの、「人間性を全否定するような出来事」と、先ほどの「母親や事務所に理解されなかった」ことは、恐らく同じことを指しているのではないでしょうか。

 

となると、三浦春馬さんは、母親や事務所の信頼している人達に、自分の生き方や自分自身を理解してもらうどころか、全否定されていたことがわかります。

 

スポンサーリンク
合わせて読みたい

2020年7月25日、女優のソニンさんが自身のブログで、急死した三浦春馬さんのことを綴りました。 そこには、 「正直ずっと何かがおかしいと感じていました。」 「真実は彼しか持っていません。」 などと、心の内が書いてあ[…]

三浦春馬のデリケートな問題とは?

見え隠れしている「デリケートな問題」とは何なのでしょうか?

正直なところ、この問いに関しては、メディアが差し替えたくらいの内容ということで、どこにも、答えとなるような情報はありませんでした。

しかしながら、SNS上では、こういった内容がありました。

 

 

スポンサーリンク

三吉彩花との恋愛報道は、ヤラセか?

三浦春馬さんは、これまで多部未華子さん、新垣結衣さん、蒼井優さん、戸田恵梨香さん、榮倉奈々さん、そしてダンサーの菅原小春さんなど、数多く熱愛報道がされてきていましたが、その中で、2人が付き合っていたとはっきりした証拠があるものは極端に少ないことがわかっています。

ダンサーの菅原小春さんとの写真はあるはあるのですが、友人達とホームパーティーをした時に流出した写真になり、これ以外に交際していたという証拠写真は撮られていません。

 

 

また、2018年の三吉彩花さんとのフライデー写真では、実は、同じ事務所の後輩とあまりに出来すぎた写真から、

「ヤラセ疑惑」

が浮上していたとのことです。

 

 

週刊誌のカメラマンによると、

「なにしろ2人とも同じアミューズ所属。あの福山雅治のゴシップを徹底ガードしたゴシップ対策力の強い事務所です。それなのに記事では2人の真正面からの写真など、露骨なまでに見事に撮られたものばかり、さすがにちょっと不自然に見えます」

引用:TOCANA

 

当時の三吉彩花は事務所の猛プッシュにもかからわず人気が伸び悩み、「Seventeen」を卒業したのに、モデルのプライドを捨てるように男性誌で水着グラビアにも挑戦したほどでした。

 

「だから、先輩の三浦がひと肌脱いで、自分とのゴシップで事務所ぐるみの話題作りに協力したのではないかと見ています」

引用:TOCANA

 

三好彩花さんサイドでは、

・売り込むための話題作りとして捉えられていましたが、

実は、三浦春馬さんサイドからしたら、

・事務所が彼の「本命」を隠すためにカムフラージュのゴシップを流させていた疑いがあるとしています。

 

これが事実だとしたら、こういったことが、三浦春馬さんの「生き方の否定」「人間性の全否定」になっていたのかもしれません。

 

事務所が彼の「本命」を隠すためにカムフラージュのゴシップを流させていた疑いがあり、そのこともまた「生き方の否定」に繋がっているとの見方があるのだ。

引用:exciteニュース

 

スポンサーリンク

 

合わせて読みたい

2020年7月18日、俳優の三浦春馬さんが亡くなったと報道されました。 三浦春馬さんの直近の彼女は女優の三吉彩花さんとされているため、亡くなった原因は、三吉彩花のせい?なのではと憶測がたっています。 今回は、三浦春馬さんの死と、[…]

合わせて読みたい

三浦春馬さんの、元カノは、世界的ダンサーの菅原小春さんと言われています。 順調にお付き合いをされてた2人でしたが1年後には破局しています。 その破局理由がヤバイと話題になっています。 今回は、2人の熱愛報道から破局までを、[…]

クローゼット(in the closet)を選んだ意味は?

三浦春馬さんは、最期の場所として、クローゼットを選ばれています。

当初から、「なぜクローゼットなのか?」と疑問に思う声は多くありました。

しかし、実は、クローゼットに関して、欧米では「俗語」があることがわかりました。

 

 

クローゼットの中で亡くなったということ

英語では、In the closet
翻訳サイトの訳は、

引用:https://eow.alc.co.jp/

 

一般的に、LGBTの方は、「性のアイデンティティ」を明かすと家族や世間から受け入れられなくなるリスクがあるので、その事実を秘密にしている人も少なくありません。

本人がクローゼットに隠れていてる意味で 「In the closet」と言われているようです。
ちなみに、「Come out of the closet」 (クローゼットの中から出る)は「性的アイデンティティーを明かす」と意味で、それがやがて、come out (= カイミングアウト)という句動詞に略されてきました。
また、週間文春には、以下のことが書いてありました。
自室に残された三浦春馬さんの日記の内容に関して、長年、三浦春馬さんと親しい関係にあった知人が明かしています。

「亡くなる直前に書かれたものと見られ、『死にたいと考えた』『どう死ぬべきか』といった自身の死についての考え方が長々と綴られており、遺書というべき内容です。」

 

こちらの内容から、三浦春馬さんが、

・どう死ぬべきか

・どのようにして死ぬべきか

・どこで死ぬべきか

考えていたことがわかります。

 

もしかしたら、最後の場所としてクローゼットの中を選んだということは、三浦春馬さんからの、私達への最後のメッセージだったのかもしれません。

 

スポンサーリンク
合わせて読みたい

三浦春馬さんが7月に亡くなられてから、いまだにさまざまな情報が飛び交っています。 その中で、三浦春馬さんが亡くなられた身体の状態が、「傷だらけだった」という噂があります。 今回は、傷だらけと証言した済生会中央病院のタレコミを検証[…]

合わせて読みたい

2020年7月18日にお亡くなりになった三浦春馬さんですが、現在、遺作ドラマと言われている「おカネの切れ目が恋のはじまり」が放送されています。 そんな中、同ドラマの演出家、木村ひさしさんのインスタグラムが大炎上。 一体何があった[…]

合わせて読みたい

2020年10月7日、俳優の城田優さんと、俳優の三浦翔平さんがインスタライブにてコラボ配信を行い、7月18日に亡くなった、俳優の三浦春馬さんについて語る場面がありました。 2カ月以上ぶりに生配信した城田優さんのインスタライブ 、何を語[…]

合わせて読みたい

三浦春馬さんと、親友である城田優さんが5月に行ったインスタライブが、話題となっています。 中でも、2人の会話で、城田優さんが「元気でいてよー」という言葉が、亡くなった今聞くと、とても、悲しく辛くなります。 今回は、三浦春馬さんと[…]

合わせて読みたい

2020年7月18日、俳優の三浦春馬さんが亡くなったと報道されました。 三浦春馬さんの親友でもある城田優さんは、同日行われた生放送された「音楽の日」に出演し、三浦春馬さんのことを想い、涙でGReeeeNの名曲「キセキ」と、「リメンバー[…]

合わせて読みたい

7月18日に亡くなった三浦春馬さんが出演するドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」が10月6日の放送で最終回を迎えました。 これを受け、主演を務める松岡茉優さんがインスタグラムを更新し、作品への思い、三浦春馬さんへの思いをつづりました。 […]

合わせて読みたい

2020年9月15日の夜10時から、新火曜ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』がスタートします。 三浦春馬さんの遺作となるドラマのため、スタート前から話題が絶えることがありません。 その中でも、ネット上では『ヘルメットの意味が[…]

合わせて読みたい

2020年9月15日から、火曜ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』がとうとうスタートしました。 三浦春馬さんの遺作となるこのドラマですが、三浦春馬さんのキラキラした笑顔とさすがの演技力に注目が集まりました。 しかし、大きな注目[…]

合わせて読みたい

2020年7月に亡くなった三浦春馬さんですが、かつて親友と言われていた佐藤健さんとの、最後の別れの場所が、 「貸し会議室のような一室」であり、また「平服」で会っていたことがわかりました。 佐藤健さんは、三浦春馬さんが亡くなって以[…]

合わせて読みたい

7月に亡くなった三浦春馬さんですが、所属する事務所アミューズから内部告発が出たとSNS上で話題になっています。 しかしながら、既に、この告発はデマではないかとも言われています。 今回は、その真相をまとめていこうと思います。 […]

合わせて読みたい

7月に亡くなった三浦春馬さんですが、所属事務所のアミューズより、三浦さんに関する利益は、『三浦春馬基金(仮称)』を立ち上げ、「あらゆる困難に立ち向かう人々への寄付・支援に充てさせていただきます」と発表されました。 三浦春馬さんが生前、[…]

合わせて読みたい

2020年7月18日に三浦春馬さんが亡くなって四十九日を迎え、所属事務所のアミューズがコメントを出しました。 しかしながら、その内容に納得することができず、ファンでなくても、どこか不可思議だと思ってしまったのではないでしょうか。 […]

合わせて読みたい

三浦春馬さんの死の動機に、「あまりにデリケートすぎるテーマ」があると、報道されました。 自らの死を選んだ理由に関しては、これまで多数の報道や噂がありましたが、メディアが、“絶対に書けない話”として記事を差し替えしたとされる「デリケート[…]

合わせて読みたい

2020年7月に亡くなられた三浦春馬さん。 報道では、自ら死を選んだと伝えられています。 しかし、一部では亡くなった当日、謎の不審な男が目撃証言があがっていて、他殺説が浮上しているようです。 不審な男、「小柄で、サングラス[…]

合わせて読みたい

三浦春馬さんが亡くなって、成宮寛貴さんがラインライブにて、三浦春馬さんのことを話されました。 年齢的には7歳年下の三浦春馬さんですが、「尊敬出来る素敵な俳優」と語られていたようです。 また、三浦春馬さんのファンからは、成宮寛貴さ[…]

合わせて読みたい

2020年7月に亡くなった三浦春馬さんですが、実は、同性愛者でゲイ、またはバイシェクシャルではないか?と噂があります。 かつては、ミュージカル「キンキーブーツ」でドラァグクイーン(ゲイ役)を演じた三浦春馬さんですが、真相はどうなのでし[…]

合わせて読みたい

亡くなる前日まで仕事をこなし、順風満帆に見えていた三浦春馬さん。 周りの方からは「悩んでいるようには見えなかった」という声もあるようですが、自室にあった遺書のようなメモには、「鬱(うつ)状態から抜け出せなかった」と書いていた事がわかり[…]

合わせて読みたい

2020年7月、俳優の三浦春馬さんがお亡くなりになりました。 人気俳優の突然の自死に対し、他殺という噂や、薬物をやっていたのではないか?と噂となっています。 今回は、その真相を探るべく、三浦春馬さんの薬物疑惑に関して、浮上するス[…]

合わせて読みたい

2020年7月、俳優の三浦春馬さんがお亡くなりになりました。 その衝撃は大きく、また遺書が公開されていないため、もしかしたら他殺ではないか?と噂されるようになっています。 自殺なのか、他殺なのか、その真相を知るべく、「霊視」や「[…]

合わせて読みたい

2020年7月に亡くなった三浦春馬さんの最後のインスタライブの場所が話題になっています。 動画を見ると、どこかの小部屋、大きなボックスのような小部屋の中で撮影をされているようでした。 こちらは、部屋の中のどこにあたるものなのでし[…]

合わせて読みたい

2020年7月18日、俳優の三浦春馬さんが亡くなったと報道されました。 その衝撃は大きく、現在では、死因が自殺ではなく他殺ではないかという噂も出ているほどです。 その理由の1つに、三浦春馬さんが亡くなった部屋には、直前に来訪者が[…]

その他、三浦春馬関連の記事はこちらからどうぞ!

 

スポンサーリンク