安藤優子|グッディ熱中症動画に「鬼」「パワハラ」「ひどい」の声!

スポンサーリンク

8月19日(水)に放送された「直撃LIVEグッディ!」で、熱中症とみられる症状でリポートを続けられなくなった女性ディレクターに対し、安藤優子キャスターが笑いながら中継を続けさせようとする一幕がありました。

番組を見ていた視聴者からは、「鬼すぎる」「パワハラ」「ひどい」などと批判が殺到しました。

今回は、その番組シーンの動画と、視聴者の声をまとめたいと思います。

スポンサーリンク

安藤優子、グッディ熱中症動画

8月19日(水)に放送された「直撃LIVEグッディ!」

番組では、午後2時すぎ、炎天下の京都・渡月橋の様子を伝えるものでした。

 

 

女性ディレクターは、手元の温度計が40・1度であることを示し

「かなり暑くてフラフラしてきました」

既に息切れしている様子で、事前に取材していた街の人の「ペットボトルを凍らせる」「キュウリを持ち歩く」などの暑さ対策を紹介していましたが、

「あと何だったっけかな…。暑くてボーッとしています」

と思考が飛び、キョロキョロと視点が定まらないまま

「(スタジオに)お返ししておきますね」

と、リポートを中断しようとしました。

これに対し、安藤キャスターは

「返しちゃうの? 私、返されたのね?」

と大笑い!

女性ディレクターは、

「準備していた話があと3つあるんですけど、えー…」

と言葉が出てこない女性ディレクターに対し、さらに

「もう1回お返ししていいですかー」

と陽気に中継を続けさせようとし、

万策尽きた女性ディレクターは、

「返しちゃいますよね。そうですよね…」

と棒立ちとなっていました。

 

 

スポンサーリンク

スタジオの他のメンバーは?

グッティMCの高橋克実さんは、危険と判断し「休憩した方がいい」と真顔で割って入ってくるシーンがあったり、コメンテーターのカンニング竹山さんら出演者は、「早く車に入って休んで」と必死に訴えていました。

同じくリポートの中断を促していた倉田大誠アナウンサーが「おそらく午前中から取材して」とフォローしていましたが、安藤キャスターは「関西の方はキュウリを持っているって」と話題をそらし、結局一度も、この女性ディレクターの体調を心配するなど配慮することはありませんでした。

「鬼」「パワハラ」「ひどい」の声!

スポンサーリンク