伊勢谷友介|兆候があった!Twitterで大麻容認ヘンプ発言がヤバイと話題に!

スポンサーリンク

2020年9月8日、俳優の伊勢谷友介さんが大麻取締法違反で逮捕されました。

俳優としても監督としても、また実業家とし社会活動を行っていた伊勢谷友介さんの逮捕は、大きな衝撃が走っています。

しかしながら、ネットでは、その兆候とも言われる「大麻容認」「ヘンプ」発言がTwitterであったと話題になっています。

それはどんな内容なのでしょうか?

今回は、そのTwitterのツイート内容を検証していこうと思います。

スポンサーリンク

伊勢谷友介、兆候か?大麻容認のTwitter発言とは?

逮捕された俳優の伊勢谷友介さんですが、過去のTwitterにて、

大麻について度々言及し、その内容は大麻を肯定するような発言をされていました。

 

 

伊勢谷友介さんは、

「大麻で人生崩壊するのは難しいと思うけどな。それならお酒の方が簡単だ。」
と、大麻が人生崩壊することがない、危険ではない、と、どこか容認しているような内容を発言していました。

 

スポンサーリンク

伊勢谷友介、ヘンプを食べたと報告!

2014年10月8日には賑わう飲食店の店内のような写真と共に、ヘンプ(産業用大麻)を食べたと報告していました。

「今週はヘンプを食べて、学んじゃう会でしたが、盛り上がってました!さて来週はオーガニックビールを飲んで学ぼう!となっています! 是非ご参加くださいね!!!」

 

ヘンプはいわゆる「産業用大麻」を指し、薬物としての大麻・マリファナと区別して、産業の分野で利用される際に主に用いられる言葉です。

この日は、伊勢谷友介さんが代表を務める「リバースプロジェクト」が都内で「スーパーフード ヘンプを食べ尽くそう」というイベントを開催。

「リバースプロジェクト」の公式サイトによると、こちらでは「ヘンプシード(麻の実)サラダ」「ヘンプオイル(麻の油)とハーブのグリル」といった料理が出されていたようです。

 

 

確かに、ヘンプと大麻は違いますのでヘンプを食べることに問題はありませんが、伊勢谷友介さんは、ヘンプを絶賛し、さらに、本人は違法大麻を使用していたとなると、話が変わってきます。

スポンサーリンク

ラジオで、麻に関するエピソードも!

伊勢谷友介さんは、2014年8月26日メインパーソナリティを務めるインターFM897のラジオ番組「EARTH RADIO」にて、鳥取県智頭町で行われていた、麻作りによる「街おこし」について以下のように話していました。

 

「アメリカが第二次世界大戦で勝った後、ナイロンを売りたかったから、日本の麻の繊維っていうものが販売を邪魔するということで、それをやめさせるために大麻取締法を作ったという噂を聞いたことがある」

と、麻に関するエピソードを披露。

また、ヘンプオイルを自動車の燃料や食用として用いる「ヘンプカー・プロジェクト」について紹介されると、感心したように、

「これ(ヘンプオイル)があることでいろんなことが救われるっていうのはすでに証明されてるわけですね。まさに誤解されきった植物、そう言えるんじゃないでしょうかね」

とコメントしていました。

元々、社会活動を幅広くやってきた伊勢谷友介さんなので、この辺りの知識も多くあったと考えられますが、今となっては、「あの時から。。。」と思われても仕方のない発言内容かもしれません。

 

 

スポンサーリンク

ネットの声は?

 

スポンサーリンク
合わせて読みたい

2020年9月8日、俳優の伊勢谷友介さんが大麻取締法違反で逮捕されました。 過去には広末涼子さんや長澤まさみさん、森星さんとの熱愛報道があった伊勢谷友介さんですが、この春、長澤まさみさんと復縁していたと、話題になっています。 過[…]