名古屋でコロナ発症の夫婦、ハワイの滞在ホテルや旅程、搭乗飛行機は?

スポンサーリンク

ハワイに渡航した愛知県在住の60代男性が新型コロナウイルスに感染したと2月14日報道されました。
そして、2月15日には、その男性の妻である60代女性も、感染されたと発表されました。

スポンサーリンク

 

【新型コロナ】名古屋の夫婦ハワイで発症!滞在先ホテルはどこ?

ハワイ旅行の日程は?

2人は、
・マウイ島に1月28日から2月3日
・オアフ島(ワイキキがある島)に2月3日から2月7日まで滞在

男性は2月3日に風邪のような症状が出た。
帰国翌日の8日に39度の熱が出て、同日に市内の医療機関を受診。
自宅静養していたが、再診した10日に軽度の肺炎と診断された。
その後も自宅静養を続けていたが、13日に症状が悪化し、救急車で市内の別の医療機関に運ばれ、入院。
14日に陽性と確認

女性は13日に夫の救急搬送に付き添い、夜間に微熱や頭痛があったという。
14日に37・6度の熱が出たため市内の医療機関を受診。
15日に市衛生研究所の検査で新型コロナウイルスの陽性と判定され、別の病院に入院した。

マウイ島滞在中は症状がでておらず、感染の心配はありませんが、
オアフ島に滞在中に発熱はないが、風邪のような症状があったことが確認されています。

スポンサーリンク

ハワイでの宿泊先は?

ハワイ州保険局によると、 60代夫婦のオアフ島での滞在先ホテルは、

『グランド・ワイキキアン・バイ・ヒルトン』と発表してます。

ハワイオアフ島といえば、観光客が集まるホノルル・ワイキキがあり、
このホテルも、そのワイキキに位置する人気のホテルです。

とりわけこのホテルは、 ヒルトンハワイアンヴィレッジ内にあり、 他のヒルトンホテルに泊まってる方を含めると、 多くの観光客が宿泊していたと予測されます。

 

 

関連記事

先日、ハワイに渡航した愛知県在住の60代男性が新型コロナウイルスに感染したと報道され、 その翌日には、その男性の妻である60代女性も、感染されたと発表されました。 2月3月と、卒業旅行シーズン・春休みとなり、 ハワイへの旅行を計画[…]

搭乗した航空会社は?

搭乗した航空会社の特定はできませんでしたが、
中部国際空港とホノルルを結ぶ航空会社は、

・デルタ航空
・日本航空

この2つだけなので、 このどちらかだと推測できます。

追記:
2月6日のデルタ航空611便でホノルル空港発ー名古屋便で、日本に帰国したとのことです。

また、夫婦が、マウイ島からホノルル行きに使った便は、
2月3日 ハワイアン航空265便を利用と発表されています。

搭乗した航空機については、航空会社を通じて夫婦と同便の乗客らに連絡を取り、必要な対応を講じるということです。

「ミュースカイ」の2号車に乗車

ハワイから帰国後に60代夫婦が7日に帰宅する際、名古屋鉄道を利用していたと発表されてます。

7日に夫婦で中部空港に到着。
「中部国際空港駅」から午後8時7分発の名鉄空港線の特急「ミュースカイ」の2号車に乗車。
名古屋市内の名鉄線で下車し、徒歩で帰宅したとのことです。

移動経路を明らかにした理由について、市は「同乗した乗客を特定できないので公表した」などと説明しています。また、市の担当者は「同じ電車に乗り、心配な人は最寄りの保健所に相談してほしい」と呼びかけています。

現地ハワイでも、もちろん報道

 

 

スポンサーリンク