千葉コロナ感染の女性が発熱後バスツアーで行った場所はどこ?行動歴は?

スポンサーリンク

千葉県は2月20日、新たに、
県内に住む70代の無職女性が新型コロナウイルスに感染していたと発表しました。

スポンサーリンク

千葉コロナ感染の女性が発熱後バスツアーで行った場所はどこ?行動歴は?

バスツアーの行き先は?

感染が確認された女性は、感染発覚前の2月16日から18日に、
岐阜県の飛騨地方をバスツアーで訪れていたことがわかりました。

これは、21日、
古田知事や岐阜市の柴橋正直市長などが出席して県庁で開かれた対策会議で報告されました。

スポンサーリンク

行動歴は?

県によると、女性は14日夜に38度8分の発熱があり、15日に県内の医療機関を受診。
インフルエンザの検査で陰性だったため、
16日朝に最寄り駅から電車で羽田空港に向かい、18日まで県外のツアーに参加していたとのことです。

旅行で16日に富山空港に到着後、富山と高岡、射水、立山の4市町を観光して宿泊施設に泊まり、
17日に魚津市を訪れ、県外にいったん移動。
18日午後4時ごろに再び富山県内に入り、
南砺、高岡両市を立ち寄ってから、富山空港から帰県したとのことです。

 

14日 38.8℃ 発熱
15日 病院にてインフルエンザ陰性

16日~18日 県外へバスツアー

18日 検査
19日 ウイルス検査
20日 コロナウイルス陽性

ツアー後の18日夜には、
羽田空港から電車で自宅に戻ったとのことで、
19日に受診した県内の医療機関で肺炎と診断され、20日に陽性であることが判明。
現在は県内の感染症指定医療機関に入院しています。

ツアー参加者は約40人、マスクは着用なし

ツアーの参加者は約40人で、岐阜の移動は観光バスを利用。
女性は元々は一人暮らしで、ツアーには県外に住む妹と参加し、宿泊も同室だったとのことです。

そして、驚いたことに、
19日までマスクの着用はしていなかったとのことです。

また、
発症前2週間以内の海外渡航歴はなく、肺炎患者との明確な接触も確認されていないとのことです。

ネットの声

 

今後も、現地での行動がはっきりわかりましたら、追加で載せていきます。

スポンサーリンク